Book Now

お客様の声

お客様からのご感想は、私たちにとっての宝物です。旅の思い出や写真、アドバイスなど、送っていただければ幸いです。ご許可をいただいた上で弊社ウェブサイトにてご紹介いたします。

 

F様「トラジャ探訪4日間の旅」ご参加
昨日日本に帰国いたしました。

今回、初めて御社ツアーを利用させていただき、とても貴重な経験と、心のデトックスといいますか、今流行の言葉で言う【パワースポット】の体験をさせて頂きました!

これまでに熱帯雨林のジャングルの経験として、マレーシア側のボルネオ島【ビリ・コタキナバル】には訪れた経験があったのですが、トラジャのような『森や田畑の緑と青空』の緑と青の2色がこれほどに眩しいと思った事はありませんでした。
私と妻は、『タンパンガロ』という所のお墓が大変印象に残っており、『心の中が洗われた』気持ちになれました。
日本でそのような場所があれば、一見『怪奇!心霊スポット』などとなってしまいそうなのに、そうではなかったのは、お墓に葬られていた方たちは、無事に天国まで行けたからなのではと感じました。同行したMは、『レモ』においてそのような感覚があったと申しておりました。

観光向けの場所としてはアクセスの難しさなどから正直華やかさがありませんでしたが、そういった表面的な物ではなく、何といいますか、心の底が温かくなるような今までに無い、貴重な体験をさせて頂きました。

ガイドのマルセルさんは、私のような若輩者が言うのもおこがましいのですが、大変に博識で、無知な私からのすべての質問に対し、丁寧に、日本語で答えていただけました。
南スラウェシの事、トラジャの事、マルセルさんの出身のフローレスの事、インドネシアの政治・経済から動植物の事まで、 たくさん勉強させて頂きました。
常に車内では私たちのマルセルさんに対して質問攻めのような形となってしまったのですが、少しも嫌な顔を見せずに、真摯に答えていただきました。
マルセルさんから、日本の新聞社から取材があってマルセルさんが通訳を勤めたSengkangという町の旧日本軍の兵隊と町の貴族の王妃との話をしていただいたときは思わず涙が出そうになりました。

運転手さんにも我々感動させていただき、日本にはなかなか無いようなバンピーな道路においての、同乗者を気遣った運転をしていただき、私の妻はデコボコのクネクネ道においても『気持ちよく車内で眠れた』と申しておりました。
【車の運転が上手】という言葉の意味と安全運転とはと言う事を再確認させていただくと共にとても勉強させていただきました。
日本語は話せませんでしたが、気遣いを大変に頂きまして、大変お世話になりました。

御社を利用させていただきまして、私たちのような短期の観光客でもストレス無く、濃厚な体験をさせていただく事が出来たのは、阿部様をはじめ、マルセルさんならびにカンプン・エクスペディションズの皆様方のご尽力の賜物であると思うと共に、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

ぜひ、またの機会がありましたらお世話にならせていただけましたらと思います。
マルセルさんをはじめ、皆様に宜しくお伝え願います。

本当に楽しく、貴重な経験をありがとうございました!

 

S様「南スラウェシの山人・海人を訪れる旅」ご参加
一番の印象は、日本人がバンバン来る観光地(バリやハワイなど)ではないのにとても日本人への対応に優れていると思いました。優れているなどという言い方では失礼にあたると思うほど、日本人旅行者への配慮がなされていると思いました。それは、ハード面もソフト面もです。ミネラルウォーターを欠かさないというようなレベルから、お互いの考えを交わすというようなことまで全てにおいて感じられました。基本的に一般の観光客はツアーは楽しむべき旅行であると同時に値踏みをする商品です。その値踏みの仕方は欧米人とは異なり、単なるコストパフォーマンスでは済まないところが日本人の難しいところですね。マルセルさんもサリーさんもその辺をよく分かっていらっしゃるようで、人と人の出会いが旅行のなかで大きな要素であることを踏まえ、過不足なく旅行者に絡むツボを心得ていらっしゃいました。旅行の思い出の中の、御社ガイドさんの存在の占める割合が大きいのは私に限ったことではなく、御社のツアーに参加された方が感じる大きな特徴なのだと思いました。
以下、バラバラと箇条書きにて
・必要な保護と放任のバランスが良い。
・知識、経験があり案内が表面的な内容で終わらない。
・前日、車が汚れても翌朝にはきちんと洗車されている
・観光地でのガイド仲間・運転手仲間と一定の距離を取り、客の方を向いている。
・ガイドが運転手の睡眠時間・体調を管理していて安心感がある。
・数日の間に食事の好みを把握して、オーダーに反映されていく。
・親しくなっても客としての要求に対してはきちんと対応する。(最後の夜、パレパレのホテルでチェックインした部屋の隣室数室に仕事でホテル住まいの家族がいてうるさく、私がそれを嫌って部屋を変えて欲しいと要求しました。これが島や村の民家であるならば、いくら騒がしくても気にもならないのですが、ホテルということで私も少しばかりわがままを言ったのです。ところがホテル側は満室で部屋のチェンジは出来ないとの回答でした。この時点で普通ならばガイドから「仕方ない」との説明があるのだろうと思いますが、そしてそうだろうと思っていましたが、サリーさんはホテルの配室表までチェックし、部屋を変え、私の要求に応える努力をしました。もし本当に不可能ならホテルを変えるか、マカッサルまで帰るという対応まで用意していたようです。決して試したわけではないですが、外国なのだし「仕方ない」「それはできない」で通せることを客なりの基準を理解し、自分側で妥協せずに対応していただいたことに実は少し驚き敬服いたしました。一事が万事とは言いませんが、ツアー10日目の些細な客のわがままを、これは応えるべきことと判断されたことに、サリーさんそして御社の仕事を見たように思いました。生意気を承知で申し上げますが、素晴らしい接客をしていただきました。)
しかしながら、そんな細かいことよりもとにかく全てに亘り、真心のこもったお付き合いをしていただけたことに感謝しています。マカッサルのレストランの料理もとてもおいしかったです。
阿部さんとのメールでのやりとりも、出発前の計画を立てる上で助かりました。本当にありがとうございました 。
以上、一部分にかたよった感もありますが、ご手配いただいたツアーの感想を申し上げました。大変満足しております。ありがとうございました。サリーさん、マルセルさん、アンセルさんによろしくお伝えください。

 

H様 「南スラウェシの山人・海人を訪れる旅」ご参加
1.旅行して良い思い出となった場所。
見るもの、聞くものすべて珍しく、旅行全体が貴重な体験になりましたが、特に、Desa Tanah Toaを訊ねたこと、Boneの宮殿(博物館) で元王様と話が出来たこと、Danau Tempe の水上生活者を見るために、Sengkangから船で川を遡りDanau Tempeへ行ったことなどが非常に深く印象に残っています。Danau Tempeでは時間の都合などにより水上生活者の集落は見ることが出来ませんでしたが、川沿いの住民の生活を目の当たりにすることが出来ましたし、多くの鳥を見ることが出来ましたので、鳥好きな私にとっては、それだけでも大満足でした。次は、バードウォッチングを主目的にした旅行を検討してみようかとさえ思わせるものでした。また、何にも増して、この旅行を通じて、マカッサル族、ブギス族、トラジャ族など民族間の文化、風俗、生活習慣の違いを知ることが出来たことも大きな収穫でした。
インドネシアには、風俗、習慣、言語が異なる多くの民族が存在することは知っていましたが、それを現実に目にし、耳にすることが出来たのは、非常に有意義なこことでしたし、まだまだ他の民族の地を見てみたいという気にさせるものでした。
2.旅行して不満のある場所。
特に、不満というのではありませんが、トラジャで葬式や水牛の市場に遭遇しなかったことが残念といえば、残念でした。これはタイミングの問題ですからやむをえないことですが、丁度トラジャから帰る日に、始まる葬儀があったので、こんなことなら、後半のバリでの休暇など無くして、もう少し、スラウェシ旅行を長くすべきだったと悔やまれるところです。
これも、私側の問題ですが、トラジャの特異な文化を理解するには事前の勉強があまりに不足でした。トンコナンハウスや多くのお墓も、ただ珍しいだけで終わってしまったのは残念でした。これから、色々本を探して、改めて勉強してみたいと思っています。

3.御社のガイドサービスで満足できた点
すべてにおいて満足しています。フレンドリーだし、こまやかな心遣いをしてくれるし、言うことはありません。こちらの興味のあるところをよく理解してくれて、予想もしていないようなところへも案内してもらいました。
Bapak Sallyには、従兄弟の家に立ち寄ってkelapa muda(ヤシの実)をわざわざ木から採って飲ませてもらったり、自宅にも寄せてもらいました。Bapak Sallyの家でご馳走になったサラッパの生姜の効いた甘い味は忘れられません。
4.御社のガイドサービスで改善するべき点
前項でも、述べましたが、すべてに満足しており、改善すべき点として特に気のつくようなことは、ありませんでした。
も増しますし、非常に楽しかったです。
5.ツアー価格について。
最初は、やや高いかなという感じを持っていましたが、実際に旅行してその内容を考慮してみますと、妥当な価格か、むしろ安目かなと思います。私にとって、旅行費用の割高感、割安感は、ホテルや食事の豪華さよりも、旅行のそのものの内容が大きな比重を占めます。その意味においても、今回の旅行は対費用的にも、満足の出来るものでした。
6.その他。
今回の旅行は、内容、ガイド、運転手の質等どれも十分に満足の出来るものでしたし、非常に楽しい旅行をすることが出来たと思っております。機会があれは、今度はヌサ・トゥンガラの島々にも行ってみたいと思っています。 その際には、また是非お世話になりたいと思っていますので、その節はよろしく御願いします。

 

I様「フローレスの火口湖と世界遺産コモド・リンチャの旅」ご参加
フローレスは思っていたよりもずっと美しいところでした。イグナスさんも人間味あふれるガイドでしたし、イカットへの情熱もただならぬものを感じました。そのせいか、僕のほうも相当にイカット熱が高まって、行く先々でついついイカットを買ってしまって、ラブハンバジョにつく頃にはカバンがぱんぱんになっていたというようなしだいです。
リンチャ島の帰りに無人島でシュノーケリンクをしてみたのですが、透明度が高い海を満喫できて楽しめました(海で泳いだのは実に8年ぶりくらいです)。こういう旅ができたことを心から感謝しております。


 

I様「フローレスの火口湖と世界遺産コモド・リンチャの旅」ご参加
パギ!
いろいろお気遣いいただきテレマカシーです。全員無事帰国しました。
フローレスではマルセルさん、イグナスさんにはよくしていただきました。わがままな客だったと思います。連日(昼も)のビル・ビンタンとアラクに、そんなもう飲めませんといいながら、ジャガンマルマルヤ(?)といわれるとすぐグラスを出してしまうメンバーたちでした。もちろん、ツアーそのものも大満足です。コモドに出会えたときのYリーダーの興奮ぶりは大変なものでした。山や温泉、観光など盛りだくさんで満喫できました。良いアレンジありごとうございました。

 

F様「南スラウェシの山人と海人を訪れる旅」ご参加
最初は不安がありましたが、マルセルさんに会ってすぐ、安心できました。サリさんやドライバーもみんないい方で、いっそう旅を楽しくすることができました。タナトラジャや南の海岸沿いの観光も興味深いものばかりで、予想以上によかったです。マカッサル在住の日本人Fさんとお話しする機会を作っていただき、いっそうマカッサルなどの様子を理解することができました。
これからもインドネシアの旅をたくさん経験したいと思っています。また、退職後、もっとインドネシアと深く関わることも考えていこうかなと思っています。今後、お世話になることもあろうかと思います。その際には、またよろしくお願いします。

 

I様「ランテマリオ山登頂とトラジャ・ママサ」ご参加
本日、4名無事に帰国いたしました。何も考えずに、「肩こりなんて忘れてたわ」と大変リフレッシュでき、意気揚揚と日常にたどり着きました。社会復帰はきついなあとも思いますが、旅の効用はきっと生きる力になると確信して次に備えましょう。

今回のカンプン・エクスペディションズのメンバーには誠心誠意つくされて、こんな大事にしてもらって「心がうれしくなりました」(サリーさんの口真似)。日本語が通じるということは、現地の人や文化を何でも質問できて、旅のストレスをほとんど感じませんでした。この感謝の気持ちを何で表したらよいのだろうとメンバーと話しました。記録を書いて、宣伝しましょう、再度行きましょう、と考えました。今回は、見事なアレンジで大いに楽しませていただきました。有難うございました。