Book Now

スンバ島

精霊マラプ信仰とイカット

 

スンバ島の魅力は精霊マラプを信仰する伝統的なアニミズムと、この島独特の大胆なモチーフを使ったイカットです。

 

精霊マラプは巨石墓などの彫刻、イカットなどのモチーフによく使われる人間の姿をした祖先の霊で、スンバの人びとは供え物や、さまざまな宗教的な決まりを守ることでマラプとよりよい関係を築き、富や健康を維持できると信じています。年に一度のパソラ祭は実際のいくさのように槍を携えた騎馬団が戦い、豊作を願う祭です。

 

スンバのイカットは世界的に有名です。その大胆なモチーフと鮮やかな色合いはエキゾチックなアジアンテイストのインテリアとしても人気が高いものです。伝統的な工法では、紡ぎ、染め、織りすべてのプロセスが手作業で行われ、染料は植物からの天然素材です。作成に2年以上かかるものもあり、古くから受け継がれてきた布には魔術的な力もあると信じられています。

 

巨石墳墓ととんがり屋根の伝統家屋

 

巨石墓を囲むようにとんがり屋根の家々が並ぶのが伝統的なスンバの村の特徴です。なかにはどのように運んだのか不思議なくらい大きい石を使ったお墓もあります。